新聞販売を通して、地域の皆様に役立つサービスを心がけています

よくあるご質問

支払いについて

Q.支払いについて詳しく知りたいのですが
A.新聞購読料の集金は、毎月23日頃から翌月10日頃までにすべてのお客様宅を訪問集金させていただいております。一人当たりの集金軒数は、100軒~400軒位で、一人当たりの平均軒数は250軒位です。月末までに9割以上のお客様に訪問集金に伺います。翌月に残りのお客様を訪問します。
Q.訪問集金の時間帯は何時ごろですか?
A.10時頃~正午、16時~20時頃の時間に分けて集金にお伺いします。
Q.仕事があり、集金の時間帯には自宅にはいないのですが
A.支払方法には訪問集金のほかに、便利な自動振替、クレジットカード決済がございます。
Q.新聞購読料を口座振替(自動振替、クレジットカード決済)にしたいのですが手続きが大変そうですが
A.いえ、お客様が銀行等へ手続きへ行かれる必要はございません。当YCが用意しております自動振替、またはクレジットカード決済の書類に必要事項を記入し、あとは郵便ポストに投函していただけば結構です。(ただし、口座振替を開始するまでにお時間をいただく場合がございます)
Q.口座振替にしても訪問集金の時に毎月いただいていた小冊子はいただけるのですか?
A.もちろん、口座振替にされても引き続き、毎月月末までにお届けいたします。
読売新聞契約者様への小冊子 読売新聞契約者様への小冊子1
Q.新聞購読契約が終わったら口座引き落しは止まるのでしょうか?
A.ご安心ください。YCから1か月前にはご連絡を差し上げます。

朝刊配達について

Q. 販売店には何時頃新聞がとどくのですか?
A.午前1時30分から午前1時45分に届きます。当YCではどこよりも早く皆様に世界の出来事、日本国内の出来事を伝えるために深夜から早朝にかけて作業を行っています。
Q.新聞配達は何時頃からですか?
A.午前2時45分から午前3時00分です。早い人は、深夜2時からですが遅くとも3時にはバイクや自転車で出発します。
Q.新聞配達は何時頃までに終わらせるのですか?
A.午前6時00分までに終了します。配達区域により一人当たりの配達軒数が異なりますが、一人あたりの配達軒数は平均200軒で2時間程度の配達です。配達終了は遅くとも6時までに終了させるように心がけています。
Q.雨の日、新聞が濡れて読めないことがあったのですが?
A.当YCでは雨の日は、すべての新聞にビニール包装してお客様のお宅に届けするように心がけています。

その他

Q.読売センターのロゴにはどのような意味がありますか?
読売センターのロゴ
A.Y(Yomiuri:読売)C(Center:センター)=読売センターの略称で読売新聞販売店の全国統一名称です。YCの文字が重なり合っているのは、地域(Community)との密着を表し、地域で便利なコミュニケーションセンターとしての役割を果たす事を意味しています。情報の発信・受信をイメージした三つの赤いは、読売センターと読売新聞読者を結ぶ双方向のコミュニケーション(Communication)を表しています。
Q.折込広告はどのようにして一つの束にするのですか?
A.折込広告は、折込広告を取り扱う折込広告会社から午前中までに販売店に搬入され、専用の折込機を使って、数十枚の折込広告を一つの束として組みあげます。当YCでは、常時4名のスタッフと2台の折込機を使って折込を行っています。作業時間は、その日の枚数によって、異なりますが2時間から4時間位ですべての作業を終えます。当YCでは、折込作業において、錘や針を一切掛けることをしません。その為、折込 広告に傷を付けることなく綺麗な状態でお客様のお手元に届けることができます。

新聞折り込み広告中入機
折込広告中入機

ビニール包装機
ビニール包装機

折り込み機
折込機